将棋の棋士を紹介!女流棋士、棋士の卵の奨励会員の情報も

  1. 棋士
  2. 184 view

将棋のプロ棋士養成機関である奨励会を解説するよ!誰でも入れるの?プロとしての育成は?年齢制限は?

将棋にはプロ棋士とよばれる職業が存在します。
プロ棋士になるためにはいくつかの方法がありますが、その一つとして奨励会があります。
本記事では、将棋プロ棋士の養成機関である奨励会に関して説明します。

入会について

入会するには、プロ棋士の推薦が必要となります。
これは、自分の師匠をプロ棋士の中から見つけて入門する、という意味です。
受験生は、この段階で推薦で棋力はもちろんのこと、ある程度人間性も判断されふるいにかけられます。

無事推薦を受けたとしても、次は試験が待っています。
試験もどのレベルを受験するかによって試験内容が異なります。
どのレベルでも将棋の対局をしますが、級位を受験する場合、
1次試験で受験生同士で3局、2次試験で奨励会員と3局、
合計6局指し、総合評価されます。
何勝すれば合格という基準は明記されていませんが、4勝が必要とされています。
年に一回しか試験は実施されないので、失敗すれば一年待つしかありません。
受験者の2割位が合格するそうです。

激烈な競争

めでたく合格しても、奨励会内で苛烈な競争が待っています。
入会後は所定の級や段から開始し、規定の成績(6連勝、14勝5敗など)
を上げると上のグレードに進むことができます。
たとえば6級で入会したら、規定の成績を上げれば
6級→5級→…1級→初段→2段→3段
とすすんでいきます。

しかし一方で成績が悪いと、逆に段位や級位が落ちていきます。
元の地位に戻るには規定の好成績が必要となります。

そして3段になると3段の人間だけでリーグ戦を戦うことになります。
半年間リーグ戦を戦って上位2名になると4段となり、プロ棋士となります。
プロになれるのは年間4名です。
最終的に、プロ棋士になれるのは奨励会員の2割位とされています。

年齢制限

各段階で年齢制限が設けられています。
まず受験の段階で年齢が高いほど、高い級位でないと受験できません。
次に初段です。20歳の間に初段にならないと退会させられます。
最終試験とも言うべき3段リーグには基本26歳、延長でも29歳までしか在籍できません。
30歳前にプロにならないと退会させられる制度です。

奨励会員はプロの卵ではありますが、基本無給です。
プロの対局の記録をつける記録係の仕事は義務となっていてこれはお金をもらえますが、
これだけでは生計をたてることはできません。またアルバイトも禁止されています。

年齢制限は厳しい制度のような気もしますが、
今後の人生を考えれば、ある意味必要な制度といえるでしょう。

まとめ

将棋のプロになるための奨励会という組織について説明しました。
奨励会の厳しさ、プロの世界の厳しさが、ご理解いただけましたでしょうか?
もちろんプロ棋士になってからも競争は続きます。
そしてプロ棋士の競争のほうが、何倍もレベルが高く、厳しさを増していく世界です。
将棋の世界はほぼ純粋な競争社会ですが、それに耐えうるための人材を選別する機関と言えます。

以上

棋士の最近記事

  1. 【将棋棋士】先崎学九段、元天才、うつで休場経験者、週刊文春に連載をしていた文筆家、妻は囲碁…

  2. 将棋棋士、横山泰明六段、妻が女流棋士、NHKは今期好調、高勝率をキープ

  3. 将棋棋士、渡辺明、タイトルホルダー、中学生棋士、ぬいぐるみと競馬が大好き、妻が漫画家

  4. 阿久津主税、イケメン棋士、ギャンブル好き、成績や結婚は?東京町田市出身?

  5. 大橋貴洸さん、藤井聡太さんと同期、派手なスーツのファッション、メガネのイケメン棋士

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP