将棋の棋士を紹介!女流棋士、棋士の卵の奨励会員の情報も

  1. コンピュータ
  2. 1433 view

将棋ソフトのBonanzaは、なぜ強いの?その仕組みは?強さの秘密を解説するよ!

コンピュータ将棋選手権で、2006年に登場した将棋ソフトに
Bonanzaというプログラムがあります。
コンピュータ将棋の歴史に残るソフトであるBonanzaは、強くて有名であったのですが、
プログラムの内容も革新的で、衝撃的でした。
今回はBonanzaのいままでのコンピュータ将棋にない、
斬新な特徴について説明します。

全幅探索

全幅探索とは局面のすべての手を読むこと、です。
それに対して限定的な手だけを読む手法を選択探索と呼びます。
将棋は局面あたりの着手数が多いため、
将棋プログラミングにおいては、選択探索が主流でした。

先入観がない保木さんは、全幅検索を選択したのですが、
これにより、他のソフトや開発者が、見落としていたいい手を
発掘することができ、実力の向上につながりました。
要はBonanzaはすべての手を読んでいたけど、
部分探索を行うのが一般的だった。
保木 さんはチェスの開発論文などを参考にしたため、チェスの世界では全幅探索を
するのが一般的であったようで、それにならったそうです。

ボナンザメソッド

評価関数のパラメータの自動生成
なんか難しいですが、機械学習の新しい手法を採用したみたいです。
評価関数は局面の形勢判断を行う重要な部分です。
これをいままでは手動で行っていたのですが、
ここは将棋の大局観に相当する部分で、
将棋経験者の開発者は、この部分は各自工夫されていた部分だと思われます。

しかし将棋経験がない保木さんは、自分でこれを作ることができず、
だったら機械プログラムにやらせようということで、この手法を開発したようです。
また専門の化学の分野から応用したもののようです。
それを自動で作るということのようです。
この大切な部分を、ひとでなく機械に生成させるという考えは
既存のものからは生まれにくく、
これはコンピュータ将棋界に非常に革新的なことでした。
この手法はボナンザメソッドと呼ばれました。
Bonanzaのソースコードが公開されるとこのメソッドはまたたくまに採用され
ボナンザメソッドを採用されていないプログラムは予選を突破でいない大会もありました。

詰将棋ルーチン

将棋ソフトは普通詰将棋の部分を持っています。
なので、終盤特に詰むか詰まないかは、人間の力の遥か上をいきます。
詰将棋は人の心理の逆を行く手が評価され、盲点に入ったりして
なかなか正解がわからないものですが、プログラムには
王手を片っ端から読めばいいので関係ありません。
むしろ手が限定的になるので高速に正確に処理でき
この段階になると間違えることがないくらいです。

ところがここでも
Bonanzaというか保木さんは違っていてそういう常識がなく、
最初は詰将棋ルーチンをつけていなかったそうです。
このため長手数の即詰みを見つけることができず、
詰まされてしまったりすることがあったようです。
このあたり、詰将棋ルーチンをつけることをよしとしない
保木さん独自の考えがあるようです。

まとめ

革新的な将棋プログラム、Bonanzaについて説明しました。
Bonanzaはそれまでのプログラムと異なり、異次元の強さを発揮し、
プロ棋士との戦いで話題になり、手法を公開したことで
コンピュータ将棋界にも大きな影響を与えました。
Bonanza以前、以後と分けられるほどエポックメイキングな出来事です。

以上

コンピュータの最近記事

  1. スマホでおすすめの将棋ソフトって? レベル設定や棋譜解析も可能な、ぴよ将棋を紹介します!

  2. 将棋ソフトのBonanzaは、なぜ強いの?その仕組みは?強さの秘密を解説するよ!

  3. コンピュータ将棋のBonanzaとは?強さは?フリーソフト? 開発者の情報を含めて解説しま…

  4. コンピュータ将棋選手権とは?ニコ生でも中継!ponanzaも参加!ルールも含めて説明!

  5. コンピュータ将棋選手権で優勝した最強ソフトPonanzaの解説!そのレーティングは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP